【下味冷凍で節約ワザ】食費&調理時間を削減!肉はまとめ買いで冷凍庫へ!2か月に一度の購入量を記録。

シェアする



こんにちは!

突然ですが、さとかる家ではお肉は2か月に1度、まとめて買っています!最近の冷蔵庫は冷凍庫に入れてても冷凍焼けしないんですねー。ジップロックのおかげかな。2か月分の肉ですから、かなりの量になります。それを全部切って小分けして下味つけたりして冷凍するんです。

これをイベントとして、「さとう精肉店の日」と呼んでいます。なお、結構大変な作業なので、終わったらケーキを食べていい事とします。これ大事。

ま、ちょっと大変でも年間6回と思えば気が楽になる。平日の夜に生肉を切る作業がないだけで、調理がめちゃくちゃ楽になりますよ♪

1.二人世帯2か月分の肉はこれ!

だいたいいつも買う肉は決まってます。一覧にするとこんな感じ!

鶏肉

①もも肉 6枚  1.2kg

②むね肉 3枚 600g

③ささみ 10本  1kg

④鶏手羽先or手羽元 1kg

豚肉

①豚こま切れ 1.5kg

②豚バラスライス 300g

③豚なんこつ煮込み用 700g

④豚ももブロックかたまり 800g

⑤豚ひき肉 500g

⑥豚肩ロース厚切り 4枚

牛肉

①黒毛和牛カレー用 300g(年に6回の贅沢!)

合計、約8.5kg!金額にして7,000~8,000円。

ちなみに、牛豚合びき肉は使うときにそのつど買う事にしています♪

2.2か月分のお肉の冷凍内訳はこれ♪

全部、ラップにくるんでアルミバットに乗せて冷凍→凍ったらジップロックでしっかりチャックを閉めて保管しています!

鶏もも肉 6枚

筋と余分な皮(ぶよぶよしてるとこ)をカット。

2枚→ひと口大にカットして、塩2つまみと酒大1をふって、4等分してラップ。

2枚→煮込み用に大きくカットして、塩2つまみと酒大1をふって、2等分してラップ。

1枚→☆鶏もも肉の下味冷凍保存☆(クックパッドサイトへ)で洋風な下味冷凍に。

1枚→唐揚げの記事のとおり、<醤油・酒・みりん 各大3、にんにく・しょうが 各大2>に漬けてもみこんで冷凍♪

【唐揚げの献立】簡単カロリーオフの極意3つ!夏に向けてダイエット中にも!初心者でもジューシーな揚げ方♪

鶏むね肉 3枚

2枚→ひと口大のそぎ切りにして、塩2つまみと酒大1をふって、3等分してラップ。

1枚→チキンライス用に細かくカットして、0.5枚ずつラップして冷凍。

ささみ 10本

筋を取って4本・4本・2本に分けて冷凍

手羽先or手羽元 1kg

500gずつ大きなラップで2重にくるんで冷凍

豚こま切れ 1.5kg

塩小1と酒大1を入れて揉む。ひと口大にカットして、200g~250gずつラップして冷凍。野菜炒め、豚キムチ、細かく刻んでひき肉代わりに、など用途はたくさんあります♪

豚バラスライス 300g

100gずつ、細かくカットして冷凍。

豚なんこつ煮込み用 700g

ひと口大にカットして、ラップして冷凍。

豚ももブロックかたまり 800g

400g→サイコロステーキサイズにカットして、豚ももブロックサイコロステーキの記事通り、<玉ねぎすりおろし 1/4個・酒 大2(目分量)・塩・コショウ 2振り・ニンニクチューブ 小1・オリーブオイル 小1>を入れて、もみもみして冷凍。

400g→塊のままラップして冷凍。チャーシューかローストポークにする。

【豚ももステーキのレシピ&献立】ボリューム食材で食費を節約!かたまり肉を柔らかくする3つの方法!

【豚ももブロックで節約絶品カレー】ビストロ風カレーのオリジナルレシピ♪じゃがいもが煮崩れないコツも!

豚ひき肉 500g

2等分にして冷凍。大抵ロールキャベツと、餃子になります。

【ロールキャベツのダイエット献立】低カロリーでボリューム満点!脂肪の吸収を抑えるひき肉レシピで減量!

豚肩ロース厚切り 4枚

4枚とも筋切りする。

2枚→豚味噌づけの記事通り、<味噌 大1・みりん 大1・酒 小1>に漬けて冷凍。

2枚→そのまま冷凍。ガーリックステーキやポークチャップにする。

【豚ロースみそ漬けの献立】下味冷凍保存もできる簡単なお肉の主菜!焦げない焼き方でジューシーに♪

黒毛和牛カレー用 300g(年に6回の贅沢!)

これは、カットしてあるのでラップにくるんで冷凍します。良い事があった時や、夫婦どちらかが仕事の山場を越えた時にお疲れさま~という感じで、高級黒毛和牛カレーとして食べます。普段はチキンカレーか、ひき肉でキーマカレーですよ!

※2倍量で下味冷凍するときは、ジップロック内で2分割すると使いやすい!

ジップロックにたっぷり入れて、空気を抜く→真ん中を割りばしではさんで分割冷凍!使う時は半分ずつ出せるので使いやすいよん。写真は一番人気レシピの豚ももブロックステーキ。

【豚ももステーキのレシピ&献立】ボリューム食材で食費を節約!かたまり肉を柔らかくする3つの方法!

3.下味冷凍にして良かったことまとめ!

実際、下味冷凍全部やるのに1~2時間ほどかかります!さとかるは好きな音楽を流し、歌いながら陽気にカットしてますよ!(マスク着用)下ごしらえ冷凍・下味冷凍にして良かったことをまとめてみます☆

①平日は野菜を切るだけで調理できる事!

本文でも先ほど話しましたが、これが最大のメリットです!野菜切るだけだから、まな板洗うのも楽で、自炊が嫌にならないです!さらには生肉を扱うことがないおかげで食中毒の心配もない!冷凍技術に感謝!さとかる家は三菱冷蔵庫にとーってもお世話になっておりますわよ♪

②大容量のパックで買うのでお得!

普通のむね肉は100g80円だけど、大容量のパックだと100g65円だったりします。たったの10円だけど、年間としてこの価格買えるというのは結構大きいですよ!ちりも積もれば山となります!

鶏肉の世帯あたりの消費量は、1.2kg/1ヶ月。1年間だと14.4kg。それが全部もも肉だったなら…。

\80/100g 14.4kg  11,520円

\65/100g  14.4kg   9,360円

差額:2,160円!

え~それだけ?って思いました?でも、まったく同じ味のまったく同じ量の鶏肉でこの差ですよ!その意味に気付いた人から、貯金を増やすことができるんです!さとかるはたった2000円と笑われても、めげませんからね~~!!!!!

③メインの献立をたてるのが面倒な時に、クックドゥ並みに使える!

既に下味がついてるので、適当にオイスターソースとかで炒めるだけで味が完成する!これが本当に便利!さとかるは、調味料量ったり混ぜたりするの面倒で大っ嫌いなんですよ!ここだけの話ね。

目分量で量って何回失敗したことか…!その点、下味冷凍は豚こまに「中華風」ってかいてごま油と片栗粉に酒醤油でも入れておけばもうそれでgoodよ!

下味冷凍はそもそも池上 正子さんという料理研究家のかたが発案だそうですが、もう本当に感謝状を贈りたいです!便利な方法がすぐに広まる、ありがたい世の中だわ。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする