【木の葉丼のレシピ】金欠献立に新定番!かまぼこメインで節約と美味しさを両立させた近畿メシ!栄養も満点の30分メシ♪

シェアする


こんにちは!金欠な月末をなんとか乗り越えられたさとかるです。共働きなのに金欠とか罰ゲームかしら。

さて、今日は月末ピンチな私とあなたの救世主メニューを紹介します!その名も、木の葉丼

聞いたことあります?きっと近畿地方(大阪府・京都府・兵庫県・奈良県・三重県・滋賀県・和歌山県)の方はご存知ね。さとかるの母親が若い頃近畿地方で暮らしていた時にこの丼を良く食べていたそうで、いまでも実家の定番メニュー。

内容を説明すると、親子丼の鶏の代わりに白いかまぼこを使っているというだけ!これが原材料費めちゃ安いのに味も美味しくって、是非近畿地方以外の方にも知って欲しい!という熱い思いがありますわ。

目次

1.節約中の家計を助ける美味しい木の葉丼の原材料はこれ♪(2人分)

①白かまぼこ 1/2本

ちくわでも練り物でもOK

②玉ねぎ 1個

③卵 2~3個

余裕があれば卵多めで作りましょー♪

④三つ葉 2本

上の葉っぱだけ三つ葉の形を残してカットして水に浮かべておく。しおれないようにね。

茎は3センチ幅にカットして一緒に加熱するよん。

【調味料】薄口醤油・酒・みりん 各大1

【調味料】白だし 小2

【調味料(?)】水 50ml

 2.節約しつつ、お味も妥協しない!木の葉丼の作り方♪

材料が揃ったら早速始めましょう!

(1)【材料カット】白かまぼこを三ミリ幅にスライス。気持ち薄め。玉ねぎは薄切り。三つ葉は、茎を3ミリ幅にカット。上の葉っぱ部分だけ三つ葉の形を残してカットして水に浮かべておく。しおれないように。

(2)【煮たたせる】平たい小鍋に調味料<薄口醤油 酒 みりん 各大1・白だし 小2・水50ml>玉ねぎを入れて5分煮立たせる。かまぼこ三つ葉の茎を入れて1分加熱。

(3)【溶き卵入れる】よく溶いた卵を鍋の真ん中に入れる。一呼吸おいてから一周ざーっと全部入れる。

ポイント:卵を真ん中から入れるのは、真ん中が一番熱が通りにくいから!

(4)【ご飯によそう小鍋をゆすりながら具をご飯に乗せるorフライ返しで具材をすくってご飯に乗せ、煮汁を大さじ2分くらいかける。完成!

3.木の葉丼の栄養バランスは理想的な正三角形!

なんともヘルシーな材料で一瞬で作れる木の葉丼ですが、栄養バランスまでもが優等生!

さっそく見てみてくださいな!

ほぼ正三角形で、なおかつ脂質がちょっと控え目!

木の葉丼ならかまぼこ、親子丼なら鶏肉を使うけど、どっちも低脂肪の高タンパクで栄養価的にも評価できるね!さらに今日の木の葉丼はかまぼこなので、生肉を切る手間なし!評価SSあげちゃうわ!

ほか、ビタミン類はいかがでしょ?

凄いですね!たった4つの材料でここまでの栄養素を網羅している~!

簡単なのに!バンザーイ!

ビタミンE、ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンC、カルシウムカリウムあたりがもう少し欲しいですね。

4.木の葉丼を強くする!おすすめの一瞬副菜はこれ!

①ぬか漬け:ビタミンB1

ぬか漬けはビタミンB1をドーピングするためのカンタン副菜と言えます!さらに植物性乳酸菌で腸内の環境を整え、美肌や快便・免疫力強化も頑張ってくれるので、是非お勧めします!

②生ピーマンのひまわり油マリネ:ビタミンC カリウム ビタミンE

★作り方★

(1)ピーマン3個を立半分に和って、薄ーくスライス。

(2)ひまわり油小1・酢小2・みりん小1・塩コショウ と混ぜて、そのまま食べる!

ピーマンに豊富に含まれるビタミンCと、ひまわり油のビタミンEで栄養バッチリ。味もさっぱりしてて美味しいよ!

ちなみにピーマンって、レモンよりもビタミンCを摂るのに向いているのは知ってます?

上の表の通り、レモン1個分のビタミンCって、ピーマン2個食べれば完了なのです。ピーマンは1個20円ほどなので、より経済的ですね♪

肌荒れが気になったら、生ピーマンのスライスとトマトのカンタンサラダがお勧めですよ♪ピーマンのビタミンCは、ビタミンPという栄養素に守られてるので加熱しても壊れにくいよ!野菜炒めなんかも歯ごたえが残るくらいの火加減で積極的に食べましょうね!

あと、ひまわり油はビタミンEやオレイン酸を多く含む健康油。油の種類について、次の記事で徹底解説するよ~!

副菜に使ったのはこれ↓

さとかるはAmazonでポチっと買うよ。
あまぞん口コミもほぼ満点!さらに、実際善玉コレステロールが増えた報告の口コミもあったりして、いいことづくめだねー。

【便秘解消ダイエット&美肌レシピ:0日目】2週間で腸内環境&肌荒れ改善!日本一わかりやすい宿便と吹き出物の関係!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする