【豚ももブロックで節約絶品カレー】ビストロ風カレーのオリジナルレシピ♪じゃがいもが煮崩れないコツも!

シェアする

こんにちは!未だに花粉症がつらいさとかるです!

今日は、格安の豚ももブロックを少しの工夫でビストロ風高級カレーに変身させます!先週末に作りましたので、その美味しさはさとかるが実証済みです!ワインの香りたつ風味と高級な味わいが肉々しい豚ももブロックに最高にマッチするんです。節約抜きにしてもオススメ。

もし安い豚ももブロック肉を見つけたら試してみてください♪

さらに今日のレシピは、じゃがいもを別ゆでして後から混ぜるので煮崩れませんよ♪別ゆでと言っても100円ショップで売ってる雪平鍋に入れて弱火で放置するだけなのでカンタン!

(雪平鍋はこんなの。)

目次

1.なぜ豚ももブロック・かたまり肉なの?その素晴らしさを改めて説明しよう!

豚ももブロック肉は、さとかるが全身全霊こめておすすめする、節約&栄養食材です。

まずは、ご家庭では定番の豚バラ肉と栄養価を比べてみます!100グラム当たりの栄養素です!

どうですか!ビタミンB12をのぞいたら、全て豚ももブロックの方が多く含まれていますよね!それは、脂身が少ない分赤身の栄養がたっぷりだからなんです!なのに、値段は豚バラ肉の約半額!素晴らしすぎます。豚ももブロックで何を作ろうか迷ってこのページにたどり着いた方、大ラッキーですよ。素晴らしい食材のチョイスです♪

ただし!豚モモブロックは少々固いのが難点。今日は、豚ももブロックを柔らかくする工夫をたくさん紹介します!すべてやらなくても、出来るもの・簡単そうなものでトライしてみてくださいね!

2.豚ももブロックで作る、こだわりビストロ風カレーの3つのポイント♪

ポイント1 たまねぎすりおろし・赤ワイン・塩・醤油がお肉の柔軟剤!やわらか~い豚ももに♪

★肉の柔軟剤になる食材★

ご覧ください~!固いお肉を柔らかくしてくれる魔法の食材たち「お肉の柔軟剤」です!

・玉ねぎの酵素・プロテアーゼでたんぱく質を分解して柔らかく!

・ワインと醤油の酸性の液体ダブルパンチで固い筋を柔軟に♪

・塩は肉に粘りを出して、保水性を高める!パサパサにならず、しっとりお肉に♪

別の記事でも詳し~く解説していますよ!美味しいレシピなので是非ご覧ください!

 玉ねぎ・日本酒で豚ももブロックを柔らかくするレシピ!

【豚ももステーキのレシピ&献立】ボリューム食材で食費を節約!かたまり肉を柔らかくする3つの方法!

 塩をつなぎに使う超本格レシピ!

【ハンバーグの献立】誕生日の彼氏に、メタボ予備軍のパパに、成長期の子供に!コツレシピでヘルシー!洋食屋さんに負けないごちそうに!

ポイント2 赤ワインに浸けることで、カレーの具材と一緒に加熱した肉とはちょっと違う!ワインの香りたつ風味と高級な味わいが肉々しい豚ももブロックに最高にマッチする!

今回お肉を赤ワインに漬けるという初めての試みでしたが、特に豚ももブロックって肉らしいガツンとした味があるので、赤ワインと最高に合うんです!本当に、お洒落なフレンチレストランで食べているような深い味わいのお肉がカレーの味に負けず、かといって邪魔するでもなく、これは…!という感動のある味になります!

ポイント3 固いと言われる豚ももブロック肉を、一口で食べれる2×2×1サイズに切る事で固さを感じさせない!

お肉を特に「かたい!」と感じるのは、歯で噛み切る時。アメリカ産のビーフなんかも、大きな一切れを口に入れて歯で噛みきろうとしても「切れない!ぐぬぬぬ…っ!」ってなりますよね。あれを起こさせないために、豚もも肉を切る時は2×2×1cmにする事!一口でスプーンですくってポイッと食べられるので、固さを感じにくい!しかも、小さめだけど歯ごたえがある事で肉食ってる感が凄いです。言葉づかい汚くってごめんあそばせ。

さらにさらに!ワイン漬けだから噛めば噛むほど旨みが出る最高の具材に変身!歯ごたえがある事がメリットになり、一石二鳥~♪

3.豚ももブロックで作るビストロカレーの材料はこれ!(カレールー1箱分・8皿?)

①人参 1本 5ミリ厚の半月切り

②玉ねぎ 2個

③じゃがいも 中2個

④きのこ 1~2パック

脂肪吸収阻害!たっぷり入れてね。

⑤豚ももブロック・かたまり肉 400~500g

※肉の切り方が重要です!2×2×1cm♪

【お肉の柔軟剤♪】たまねぎすりおろし 1/4個

水を多く含むので一瞬ですり下ろせますよ♪

【お肉の柔軟剤♪】赤ワイン 大1

スーパーで一番安いワインでOK!

【お肉の柔軟剤♪】塩 小0.5

【お肉の柔軟剤♪】醤油 小0.5

⑥カレールー 1箱

さとかるはエスビーのGOLDEN CURRY<中辛>が好き♪

<トッピング>ゆでたまご ひとり0.5個

おこのみでどうぞ♪

<トッピング>生ピーマンスライス ひとり0.5個分

これ真面目においしいです。いつも半月切りにスライスしてカレーに載せて食べてます。

4.いつもよりこだわるビストロ風カレーはこうやってつくる♪(8皿分)

材料が揃ったら早速始めましょう!

★豚もも肉の下処理・つけこみは前日や数時間前からやっておくと良いですよ。食材にお金はかけないけど、時間をかけて柔らかくする♪

(1)【肉の下処理】重要!豚ももブロック肉は気持ち小さめの2センチ角・厚さ1センチに切る。加熱した後の大きさが、一口で口に入るよう小さめにすること。フォークで刺しまくる。

(2)切った豚モモ肉にお肉の柔軟剤♪を混ぜてモミモミ。冷蔵庫へ

(3)【じゃがいもゆでる】じゃがいもはひと口大に切って、雪平鍋で弱火に点火。柔らかくなるまで10分くらい。弱火でじわじわ。

じゃがいもは、弱火でゆっくり火を通すと煮崩れません!じゃがいもの細胞同士のくっつきを壊さずに加熱できます♪詳しくは肉じゃがの記事を読んでみてくださいね。

【肉じゃがの献立】本当に簡単なのに味がしみて美味しい!炒めなしのめんつゆレシピ♪

(4)【人参炒め深めのフライパンに油を小2(目分量)いれて弱火で温める。先に人参をカットして入れて、炒めながら玉ねぎを切る。

(5)【玉ねぎ炒め】人参に油がまわってツヤがでたら玉ねぎを入れてさらにジワジワ炒める。弱火。

そろそろじゃがいも柔らかくなったかも。爪ようじ刺して確認してください♪

★トッピングに茹で卵を乗っける人は、じゃがいもの茹で汁を再沸騰させて使うといいですよ♪

(6)【きのこin・水入れて20分煮る】きのこを全部入れる。カレー箱の裏に書いてある分量の水を入れて中火で沸騰させる。沸騰してからなんとなくアクを取って、タイマーで20分測る。

(7)【肉焼く】別の平たいフライパンにオリーブオイル 小1入れて、弱火で温める。肉を並べて蓋をしてスマホタイマーで5分。肉全体が加熱されて白くなる。裏返して、蓋をあけたまま弱火で10分。終わったら火を止めて蓋をしておく。

茹でたまごゆでてから空いたコンロで肉を炒める!

(8)【ルーを溶かし、肉・じゃがいもin】カレールー一箱分を入れてしっかり溶かしてから、フライパンで保温してた肉と、ゆでたじゃがいもを入れる。ちょうどいいトロミまで煮詰める。完成♪

★トッピングのピーマンは薄くスライスしてカレーに載せて、一緒に食べてください♪

美味しいカレー完成!ビストロの味に思わず自我自賛、間違いなし♪

スポンサーリンク

シェアする

フォローする