【圧力鍋で煮物のレシピ】時短15分で家庭の味!面倒くさい火加減なしが良い人へ、5分加圧であっという間に出来る主菜!

シェアする

こんにちは!電車の冷房に一言申したいさとかるです。もう外気涼しいのに、寒い!

今日はさとかる家で定番の圧力鍋で作る煮物です!たくさん作って3日連続煮物弁当とか余裕で出来るよ。ちなみにさとかる家の圧力鍋はティファール使ってます。これより型はふるいけどタイマーついてるやつ便利だ。

目次

1.カンタン煮物の材料はこれ!(2人前)

材料選びのポイント:野菜、鶏肉に加えてもう一つ油の出る物を入れる事!厚揚げや練り物、油揚げなど。どうしてもない場合は、ごぼうをごま油で炒めてから炊くと油が煮物に馴染んでコクが出ますよ。

①鶏もも肉 1枚

②大根 半分~1本

③人参 1~2本

④練り物・生揚げ・厚揚げ など

⑤ごぼう・きのこ2パックくらい

【調味料】水 250ml

【調味料】みりん 大2

【調味料】めんつゆ(3倍濃縮:大5)(6倍濃縮:大3)

あれば、出汁パック1個

 2.カンタン煮物の作り方♪

材料が揃ったら早速始めましょう!

(1)【野菜カット】大根・ニンジン・練り物・厚揚げはひと口大の乱切りに。ごぼうは厚めの斜め切り。きのこは加圧後に入れるのでおおきめにほぐす。野菜が終わったら鶏もも1枚を大き目のひと口大に。肉はとにかくゴロっとしたほうが美味しい。厚みがあっても火が通るから大丈夫。

(2)【圧力鍋にIN→5分加圧】圧力鍋に水250ml調味料<みりん 大2・めんつゆ (3倍濃縮は大4)(6倍濃縮は大2)、出汁パック1個入れて混ぜる。野菜と鶏肉(きのこと厚揚げ・練り物は後で)を入れて蓋をして5分加圧。ピンが下がるまで自然放置。(10分くらい ここで副菜を作るのがオススメ)

(3)【自然放置】圧力鍋のピンが下がったら蓋を開けて、きのこ練り物・生揚げを入れて、5分煮る。全体をヘラでそーっとひと回ししして、火を止めて完成!

蓋をしておいて、いちど冷ますと味がしみるよ。

ポイント:煮物を温め直すときに出汁が濃くなっていたら、日本酒を足して温めると美味しいですよん。

【おまけ】さとかるオススメの6倍濃縮のめんつゆ!醤油どころ小豆島で作る伝統の味。煮物からそば出汁まで見事にハマる秘伝の味付け。

めんつゆはスーパーで手に入るものより、ネットで醤油どころのを買う方が本格的な味わいでオススメ。さとかるのめんつゆは、醤油やそうめん、オリーブオイルで知られる香川県小豆島の老舗メーカーのめんつゆ。

6倍濃縮で入れ過ぎると濃くなっちゃうけど、醤油と同じくらいのしょっぱさなのが意外と便利。料理に使う時は大さじ1~2くらいの使用料ではかるのが楽チン

味はうるめいわし鰹だしで、市販品より甘さ控えめなのが特徴かな。果糖ブドウ糖液糖じゃなくて砂糖を使ってるから甘さのダイレクト感が少し控え目って事かな。原材料見てみよう。

原材料名:しょうゆ(本醸造)、砂糖、うるめいわしぶし・かつおぶし混合だし、食塩、かつおエキス、かつお削りぶし、みりん、こんぶ、調味料(アミノ酸等)、アルコール、(原材料の一部に大豆、小麦を含む)

調味料とアルコールは気になるけど、全体としてシンプルですよ。他の例として、スーパーで最もポピュラーっぽい麺つゆの原材料はこちら。

原材料:しょうゆ(本醸造)、風味原料(昆布、かつお節エキス、昆布エキス、しいたけエキス、そうだ節、昆布魚介エキス、煮干エキス)、糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、食塩、たんぱく加水分解物、酵母エキス、みりん、アルコール、調味料(アミノ酸等)、酸味料、(原材料の一部に大豆、小麦、さばを含む)
うん、やっぱり酸味料やタンパク加水分解物が入ってないから、小豆島の幾分かましだよね。
さとかるは6本入りを頼んで実家と半分こしてるけど、6倍濃縮なので減るのがゆっくりだから、気になる方は1.8Lボトルをまず注文してください
この麺つゆでつくる煮物は色にうるさいうちの父の大好物。めちゃ美味しいですよ~。

圧力鍋を眠らせてる人は久しぶりに出してみてね!

スポンサーリンク

シェアする

フォローする