【便秘解消ダイエット&美肌レシピ:10日目】サバ・イワシの郷土料理でぬか床の栄養もらさず吸収!キメ肌美人になれる渋い和食献立♪

シェアする


こんにちは!さとかるです。

ついに今日で10日目。あとちょっとですね。

予告通り、ぬか床を使った料理です!ロバートの馬場さんのレシピなんですが、北九州の出身だそうで地元の郷土料理とのこと。先日初めて食べたけど、これが懐かしい味わいで夫とともにうまいうまい言って食べました。お子様には少し早い、渋めで大人の味かな。

美容ダイエット美肌に注目の女子たちには試してほしい簡単メイン料理ですよ!さっそく献立に参りましょう~!

【注】このページから見始めた方は9日目の表記に戸惑うかもしれないけど、献立レシピを参考にしてもらえるだけでもとても嬉しいですし、もっと美肌を目指したい!という方は0日目の記事から順にご覧くださいませ。便秘と肌荒れの関係の基本的な内容と、記事の中の一番下に14日間のシリーズ献立記事一覧がありますので、ブックマークしておくと便利ですよ★

【便秘解消ダイエット&美肌レシピ:0日目】2週間で腸内環境&肌荒れ改善!日本一わかりやすい宿便と吹き出物の関係!

さっそく献立紹介にまいりまーす!

目次

1.もっと美肌!9日日の献立の内容はこれだ~!!

  今日の目標:毎日快便&美肌栄養を摂取!

メイン:サバ(イワシ)のぬかどこ炊き

美肌栄養素:ビタミンB群、ビタミンE、食物繊維

じんだ煮というこの郷土料理は北九州のもので、ぬか床を仕上げに入れることで出汁のようなうまみも出て、ぬか床のphの関係で魚の臭みも抑えられる素晴らしい調理法です♪

そして今回使う米ぬかは何となく栄養豊富っぽいイメージがありますね!ビタミンB群とビタミンEが豊富です!さらに今日加えるのはぬか漬けに使っているぬか床。米ぬかを発酵させたものなので、乳酸菌も豊富!魚が煮あがってから加えることで、香りや栄養をそのまま味わえるようになっています!


副菜1:和で攻める!王道かぼちゃの煮つけ♪

美肌栄養素:βカロテン、食物繊維

お肌に超重要な栄養素であるβカロテン(ビタミンA)が大量に含まれています。βカロテンは体の中で必要に応じてビタミンAになります。このビタミンAは皮膚・粘膜を強くしてくれます。皮膚が薄いところが荒れやすいさとかるはありがたい栄養素。わたしたちは大体カボチャかニンジンで摂ることになるので、週に何回かかならず食べたい野菜です。

たまにスーパーでニュージーランド産カボチャが半個で60円になってるのでそういう特は必ず買います。値段と栄養素のバランスが素晴らしい!

さとかるがいつも作るクックパッドレシピはこちら♪

簡単☆黄金比でホクホクなカボチャの煮物

副菜2:薬味たっぷりで立派な副菜!冷ややっこサラダ♪

美肌作用:大豆イソフラボン、薬味のデトックス作用

今日の冷ややっこはただのお豆腐じゃなく、上にたくさんの薬味を載せます!

シソ、ミョウガ、ネギ、玉ねぎ、カイワレなどなど。

この薬味軍は体を冷やしてくれたり、毒素排出デトックス作用があります!暑くて血液もドロドロ?となる前に、薬味たっぷり冷ややっこでさっぱりしましょう♪

人参のぬか漬け 3切れ

美肌栄養素:植物性乳酸菌

乳酸菌のパワーをなめちゃいけません!ヨーグルトなどの動物性乳酸菌より、ぬか漬けの植物性乳酸菌の方がレベルが高いんです!胃酸にも負けずに腸まで届き、腸内細菌の働きを正常にします!NK細胞を活性化させることで免疫力アップ!大腸が宿便から再吸収しちゃったワルモノ(発がん物質や悪玉菌のエサ)を撃退したい!

後日、「炒りぬか」を食べるレシピも紹介しますよ!さとかるはまだまだぬか漬けもぬか食も初心者ですが、おかげで便通良くなりました!日本人には日本古来の乳酸菌がしくりくるって事ですね♪(1日目献立記事より)

人参は古漬けが好き~♪

2.北九州郷土料理・じんだ煮(サバ・イワシのぬか床煮つけ)の食材&調味料一覧表♪

3.和食で栄養満点美肌献立の作り方♪

材料が揃ったら早速始めましょう。

(1)【野菜下準備】生姜スライス4枚薬味はなるべく同じ大きさにみじん切りかぼちゃ半個は一口大にカット。

★サバorイワシ サバは3枚おろしに・イワシは頭と内臓をとる。

(2)【かぼちゃ煮る】鍋に調味料<日本酒/醤油/みりん/砂糖 各大2>と入れてよく混ぜて沸騰させる。かぼちゃ入れて落し蓋。20~30分ほど煮る。

(3)【魚を煮る】平たいフライで調味料<醤油/酒/砂糖各大1>水150mlを入れて中火で沸騰させる。落し蓋をして弱火で10分ほど煮る。途中魚にスプーンで煮汁をかけてあげる。

クックパッドレシピより醤油少ないけど、大2入れたらしょっぱくなったので。ぬか床の塩分濃度によるかな?

(4)【冷奴盛り付け】魚とカボチャを煮ている間に冷奴を盛り付ける!1丁をカットして、薬味をボウルか何かでよく混ぜたものを盛り付け、冷蔵庫へ♪

(5)【ぬか床入れるが煮えたら、ぬか床大3を入れて菜箸で混ぜる。弱火で30秒ほど加熱して、完成。かぼちゃ柔らかくなってたらカボチャも完成。

4.今日のひとこと

~郷土料理に潜む美の知恵を見逃さないこと!

昔から現代に続く郷土料理には栄養たっぷりのものがたくさんあります!そして、見逃してはいけない美の知恵もたくさん!
今日のじんだ煮は乳酸菌が発酵したぬか床をほぼ加熱せずに食べますので、ぬか漬けよりはるかに多くの栄養と乳酸菌が摂れて腸が活性化し、美肌栄養の数々が美肌に効果ありなのだ!
スポンサーリンク

シェアする

フォローする